遺言書

遺言書とは、被相続人が亡くなる前に遺産について最後に残せる意思表示のことであり、 無効と判断されない限りは民法に定める相続の規定より優先されます。 遺言書には、遺産分割方法の指定などにつき被相続人の意思を明記できるため、 相続人同士のトラブルを防止する役割も果たします。 未然にトラブルを防止するため、相続や遺言書について、正しい知識をつけておくことが大切です。

遺言書に関するまとめ記事一覧
最近投稿された記事

故人の遺志が書かれた遺言書に【時効】ってあるの?

故人の遺志が書かれた遺言書に【時効】ってあるの?

結論として、遺言書に時効はありません。仮に相続も済んで何十年後かに遺言書が発見されたとしても、そのことで遺言書は無効になりませんし、相続について示されたた遺志も有効です。ただし、相続からしばらく経ってしまうと現実的な対応が必要となる場合もあります。
故人の遺志が書かれた遺言書に【時効】ってあるの?tao |418view
遺言書があれば法定相続人に【相続させない】ことも可能?

遺言書があれば法定相続人に【相続させない】ことも可能?

さまざまな事情で法定相続人の一部には相続させたくないと希望する方がいます。しかし、「○○には相続させない」と遺言書を作っても、すべて希望通りになるとは限りません。では、どんな時に遺言書通りにならず、また他の方法で相続させないことはできるのでしょうか。
遺言書があれば法定相続人に【相続させない】ことも可能?tao |121view
遺言書に【財産目録】が添付されていると何がどう違うのか

遺言書に【財産目録】が添付されていると何がどう違うのか

エンディングノートや生前整理といった言葉も一般化しつつある中、遺言書を作成する人も増えていく傾向です。弁護士や行政書士の他、各信託銀行も遺言書作成サポート業務を広げている中で、財産目録の作成添付も勧められることも多いようです。
遺言書に【財産目録】が添付されていると何がどう違うのかtinian |300view
【遺留分減殺請求】をさせたくない!…遺言書の書き方とは?

【遺留分減殺請求】をさせたくない!…遺言書の書き方とは?

遺留分減殺請求は、遺留分を相続人が請求する行為です。遺留分は法律で認められている権利ですので、それを侵害することは難しいです。ですが、遺言書の書き方次第では、遺留分減殺請求をしないでというメッセージを送ることは出来ます。
【特別受益の持戻と免除の仕方】遺言書作成時の注意点にも

【特別受益の持戻と免除の仕方】遺言書作成時の注意点にも

「特別受益」は、相続人の中で特別に贈与されている方を対象とします。そういった方は、相続分から特別受益分を差し引いた額を相続することになりますが、「持戻免除」という方法があります。持戻免除を遺言書で残す際の注意点などについてまとめてみました。
【遺言書の開示】公正証書遺言や検認後・財産目録の場合

【遺言書の開示】公正証書遺言や検認後・財産目録の場合

遺言書の検認手続きを終えた遺言書の開示はどうすれば良いのでしょうか。公正証書遺言の開示請求を終えた開示請求はどうすればなど、遺言書は相続をする方が全員見ておかなければいけないものです。そんな遺言書の開示手続きについてまとめました。
遺言書で【遺贈】を記載する場合…知っておきたい事とは?

遺言書で【遺贈】を記載する場合…知っておきたい事とは?

遺言書で法定相続人以外に相続をさせる方法が「遺贈」です。遺贈をすれば、任意の方に任意の遺産を相続させることが可能です。ですが、遺贈を行う際に知っておかなければいけないのが、相続税や登記のことです。トラブルにならないように知っておきたい事をまとめました。
【付言事項って何?】遺言書に記載できる重要なメッセージ

【付言事項って何?】遺言書に記載できる重要なメッセージ

「付言事項」は、遺言書において法的な拘束力を持っていません。遺言書の中で唯一自由に記載して良い部分とも言えます。そんな付言事項で書いておくべき、知っておきたい内容とは何でしょうか?文例を紹介しながらまとめてみました。
自筆遺言書が偽造かも…【筆跡鑑定】を利用しよう!

自筆遺言書が偽造かも…【筆跡鑑定】を利用しよう!

自筆遺言書でトラブルになりやすいのが、被相続人が本当に記述したのかどうかということです。そんな時は「筆跡鑑定」を利用して証拠作りをしてみてはどうでしょうか。証拠になる筆跡鑑定について色々とまとめてみました。
自筆遺言書が偽造かも…【筆跡鑑定】を利用しよう!ごま |397view
パソコンで遺言書を作成するなら【秘密証書遺言】で

パソコンで遺言書を作成するなら【秘密証書遺言】で

遺言書には、自筆遺言書、秘密証書遺言、公正証書遺言の3つがあります。その中で、パソコンを利用して遺言書を作成したい場合は「秘密証書遺言」を利用する事になります。秘密証書遺言とはどういったものか、まとめました。
パソコンで遺言書を作成するなら【秘密証書遺言】でごま |136view
【遺言書が複数ある場合】どの遺言書が有効になるの?

【遺言書が複数ある場合】どの遺言書が有効になるの?

遺言書は正式な書式で記述しなくてはいけません。そんな中、遺言書が複数出ていた場合、どの遺言書が有効になるのでしょうか?また、「公正証書遺言」と「自筆遺言書」の場合はどうなるのかなどについてご紹介します。
こんな時「遺言書」を無視できる?~遺言執行者・債務~

こんな時「遺言書」を無視できる?~遺言執行者・債務~

遺言書に書かれている内容に納得できないという時は、遺言書に書かれている内容と違った相続をすることが出来るのでしょうか?そのためにはどうすれば良いのでしょうか?今回、相続税や債務はどうなるのかをまとめました。
【遺言書での生命保険の受取人】指定した場合と特別受益とは

【遺言書での生命保険の受取人】指定した場合と特別受益とは

遺言書によって生命保険の受取人を指定した場合は、その効力は認められることになっています。ですが、相続資産に占める割合が大きい場合の生命保険は、受取人だけが利益を得てしまいます。そういった時はどうなるのでしょうか?
【遺言書添削サービス】その内容や費用について知っておこう

【遺言書添削サービス】その内容や費用について知っておこう

遺言書の作成はなかなか大変なものですね。そんな時に利用を考えたいのが遺言書の添削サービスです。遺言書の記述に不安な方にオススメです。遺言書の添削サービスの内容や費用に関して、さらには遺言書作成キットについてまとめてみました。
【終活】ビデオレターは「遺言書」としての効果がない!

【終活】ビデオレターは「遺言書」としての効果がない!

ビデオレターを遺言とすることは出来るのかというと、それは民法で認められていません。自筆遺言書の場合は、決められた方式で作成しなければ有効にならないためです。ですが、思いを伝える手段としてはとても良いことです。
43 件

遺言書で人気のキーワード