2016年11月18日 更新

【遺産相続】嫡出子と非嫡出子の双方に役立つトラブル事例

トラブルになりがちな遺産相続。この問題を更に複雑にするのが「非嫡出子」という存在です。そこで今回、嫡出子側と非嫡出子側の双方に役立つ情報をまとめてみました。非嫡出子の権利や法定相続人の探し方など、リアルな情報が満載です。

亡くなった後にまさかの隠し子発覚!

 (13428)

遺言状を読んでみたら、亡くなった父に隠し子(以下、非嫡出子)がいたことが書かれていた…。
こんなとき、残された親族にしてみれば寝耳に水で、感情的になりやすいものです。
気持ちの問題はひとまず置いておき、相続の手続きをどのように進めればよいのかを考えてみましょう。
最初に理解しておいていただきたいのは、嫡出子でも非嫡出子でも、相続の上では平等であり、そこに差はないということです。
主人の事は妻である私が一番理解している・・長男だから父の事は熟知している・・というのが、
一般的な家族の意見でしょう。
ですが、家族と言えども、その人の全てを知っているとは限りません。
非嫡出子の存在に限らず、懇意にしているボランティア団体や教育施設に財産を寄付したい、
と考えている人も多いのです。

ポイントは認知しているか否か!

非嫡出子は認知がされているかどうかで権利が変わってきます。嫡出子のうち父が子供を認知していいない子供であれば、父と子供の関係が事実であっても法的には親子関係にあると認められれません。そのため、非嫡出子ではあっても「父親の相続をできない非嫡出子」となります。この場合は法的には他人と言う事になってしまいます。

「法定相続人」とは?

無料の写真: 契約, 署名, リース, 利用可能です - Pixabayの無料画像 - 1464917 (12110)

法定相続人となるのは,相続開始時点において存在している「子」「直系尊属」「兄弟姉妹」「配偶者」です。これら以外の方は,親族であっても法定相続人とはなりません(ただし,遺贈を受けることは可能です。)。

この「子」には,養子や非嫡出子も含まれます。かつては,非嫡出子の相続分は嫡出子の相続分の半分とされていましたが,最高裁判所(最大決平成25年9月4日)によって,そのようは差別は憲法違反であるとされてました。

「法定相続人」を把握する方法とは?

無料の写真: 手紙, ペン, 手紙を書く, 収集, コメントを残す, 紙 - Pixabayの無料画像 - 1211997 (12088)

相続人の調査は、原則として、戸籍の収集をすることによって行います。なので、今現在の、お父様が死亡なさったことが記載されている戸籍をご持参ください。

それを手がかりにさかのぼって、お父様の出生時(または、生殖可能年齢とされる12~14歳くらいから)からの戸籍を全部取り寄せます。

独身時代に認知をした、とか、以前の婚姻歴や、養子縁組をした、とか身分行為にかかわることの一切が戸籍には記載されています。原則として、そこに記載されている子(子たち)がお父様の相続人です。
日本人の平均寿命は世界的に高い水準にあります。
その長い人生の中で、結婚と離婚を繰り返す人も多いでしょう。
場合によっては、別れた配偶者との間に子供がいた・・孫がいた・・
というケースも少なくありません。
確かに聞かされていなかった家族にとってはショックな出来事でしょう。
ですが、何より先んじて行うべきなのは事実の確認です。
正確な情報を把握するには、膨大な資料の精査と労力、時間が必要になります。

遺産分割協議は全員参加が原則!

無料の写真: 手, 男, 時計, メガネ, 仕事, 人, ビジネス, 時間, 腕時計 - Pixabayの無料画像 - 1076597 (12109)

20 件

KEYWORDS

WRITER

あきぽん あきぽん

RELATED POST関連する記事

遺産相続で借金まみれ!?借金にまつわるトラブル事例4選

遺産相続で借金まみれ!?借金にまつわるトラブル事例4選

相続する資産より負債額の方が多い場合、誰もが相続放棄の手続きを行うでしょう。ですが、そう単純にいかないのが、遺産相続というものです。そこで今回は、負債額が分からない・・誰にも知られずに回避したい・・など、借金にまつわるトラブル事例を集めてみました。
のりとし |79view
【トラブル事例】遺産相続でよくあるトラブルとは?

【トラブル事例】遺産相続でよくあるトラブルとは?

遺産相続にトラブルは付き物。遺言書が複数見つかる・・・手続き放置で独占されそう・・・など、悩ましい問題に困り果てている人も多いでしょう。そこで今回は、遺産相続に関する代表的なトラブル事例と、その解決方法についてご紹介しましょう。
あきぽん |84view
【トラブル事例】遺産相続で揉め事になるのはどんな時?

【トラブル事例】遺産相続で揉め事になるのはどんな時?

家族が亡くなって遺産相続の手続きを・・・。この時、それまで仲の良かった家族でもトラブルになることがあります。 トラブルを防ぐために遺言状を書いておくのがいいですが、急に亡くなり遺言状もなかった場合、どんなトラブルが起きるのか知っておきましょう。
momonosuke |56view
忍び寄る危機回避!知っておくべき【トラブル事例集】

忍び寄る危機回避!知っておくべき【トラブル事例集】

「親族関係が円満だからトラブルなんて・・・」そう思っている方も多いと思いますが、お金のことになるとたとえ血縁関係でもトラブルは起こるものです。今回は起こってもおかしくない事例を挙げ、対処法についてまとめます。
syokotan |78view
遺産相続での「トラブル事例」~相続人多数の場合~

遺産相続での「トラブル事例」~相続人多数の場合~

遺産相続でのトラブルは避けて通れないものなのかも知れません。ですが、事前にトラブルになるようなケースを把握しておけば、回避することも可能です。そこで、良くあるトラブル事例の中で、相続人が多数の場合はどうすれば良いのでしょうか。
simada |68view