2017年2月2日 更新

品川区での≪相続対策≫これだけは知っておきましょう!

2015年の相続税改正や相続税の増税で、東京23区だと4分の1の人が相続税申告の対象になると言われています。今回は、品川区での相続に関する対策についてご紹介しようと思います。品川区に在住の方はチェックしてみてください。

まず品川区の土地の相場を知っておこう

 (18908)

東京都品川区(しながわく)の最新地価公示価格は平均96万3881円/m2(2016年[平成28年])、坪単価では平均318万6384円/坪で、前年からの変動率は-1.80%です。品川区の最新基準地価平均82万3565円/m2(2016年[平成28年])、坪単価では平均272万2529円/坪で、前年からの変動率は+4.13%です。
品川区の土地代総平均は、平方メートル単位で平均92万4524円/m2(2016年[平成28年])、坪単価では平均305万6278円/坪です。全国順位は10位/1732市町村です。前年からの変動率は+0.31%で、全国順位は260位/1732市町村です。
まずは品川区の土地相場からです。
品川区の地価は現在ほとんどのところで上昇傾向にあります。
このような時に遺産相続をすることになる前に、事前に対策をしっかり練っておいた方が得策です。
これは多額の相続税を払うのを防ぐだけでなく、
相続をスムーズに終わらせるためにも必要なことなのです。

生前贈与を行うメリット

 (18911)

生前贈与とは、生きているうちに、自分の財産を誰かに(相続人でなくてもよい)贈与することです。自身が死亡する前に特定の人に財産を譲り渡して自分の死亡後の争いをできるだけ防ぐためや、将来負担すべき相続税を抑えるために利用されます。
贈与できるものは、現金や預金のほか、土地や建物など、ほとんど全ての財産を贈与できます。
相続に関して、相続対策で生前贈与が思い浮かんだ方は多いと思います。
確かにこれなら家族間での争いは回避されやすいし、話し合いも滞りなく進む可能性が高いです。
相続税も減らすことができ最良の方法なのですが、
法定相続人以外へ贈与すると相続人たちの遺留分を侵害した場合トラブルになることがあるので、
これには注意が必要です。

相続税はどのような場合に発生するのか?

相続税は、相続や遺贈によって取得した財産及び相続時精算課税の適用を受けて贈与により取得した財産の価額の合計額(債務などの金額を控除し、相続開始前3年以内の贈与財産の価額を加算します。)が基礎控除額を超える場合にその超える部分(課税遺産総額)に対して、課税されます。
この場合、相続税の申告及び納税が必要となり、その期限は、被相続人の死亡したことを知った日の翌日から10か月以内です。
 (注) 被相続人とは、死亡した人のことをいいます。
例えば配偶者と子供2人が遺族として残された場合、相続税基礎控除額は4,800万円だそうです。
やはり相続税対策が大切だということがわかります。
相続税の基本2-基礎控除額の計算|サブリースで相続対策|JPMC日本管理センター (18423)

品川区で司法書士に相続手続きを依頼するメリット

品川区にも多くの司法書士が事務所を開いていますが、そもそも司法書士は各種登記などの法的書類を作ることを専門にしています。

品川区で相続手続きを行っている税理士や弁護士の事務所でも、相続する遺産の名k内不動産がある場合、不動産に関する書類作成だけは提携を結んでいる司法書士に頼まなくてはなりません。

マルチで相続相談のエキスパートでもある税理士や弁護士でも、この分野だけは取り扱うことができないのです。
他にも、司法書士に頼む方が費用が弁護士や税理士よりも安く済むというメリットもあります。
相続の総額が基礎控除額を超えない場合なら非課税対象として相続できますから、
相続時の争いも起こる確率が少なくなり、
そうなればわざわざ弁護士または税理士に頼まなくても事足りてしまうというわけです。
20 件

KEYWORDS

WRITER

standman9 standman9

RELATED POST関連する記事

品川区で相続による【事業継承】を成功させるために

品川区で相続による【事業継承】を成功させるために

品川区は大崎周辺を中心に大企業が立ち並ぶエリアが目につきますが、五反田周辺は個人商店や中小企業が多いエリアです。品川区の相続で事業継承をスムーズに行うには「遺言書」の作成が重要です。遺言書の内容や注意点、相談できる窓口についてまとめました。
air509nio |51view
品川区を相続したら【ファミリー層】を狙った家賃収入!

品川区を相続したら【ファミリー層】を狙った家賃収入!

地方の方にとって品川区といえばビジネス街と思いがちかもしれませんが、意外と住んでいる方は多く、子どもの人口が増加傾向にあるのです。なので、品川区のマンション等を相続したならば家賃収入でお財布を潤しましょう!今回は品川区での資産運用についてまとめます。
eri |74view
品川区の特徴【相続資産の活用できる街】不動産情報

品川区の特徴【相続資産の活用できる街】不動産情報

品川区は東京の玄関とも言える区ですね。相続した資産の活用補として品川区で不動産を購入するのはどうでしょうか。今回、品川区の不動産取引状況や家賃相場を調べてみました。品川区の特徴についてもご紹介します。
erikakomuri |40view
【路線価に注目】中野区の相続対策は暦年贈与制度がポイント

【路線価に注目】中野区の相続対策は暦年贈与制度がポイント

都心に近く住宅地の割合が高い中野区。都心に近いのですが、区画整理事業がまだ行われていないエリアが多く地価が低いエリアです。今後地価が上がることが予想されているので、事前の相続対策がかなりの効果を期待できます。
station10min |61view
【地価高騰】港区で≪相続≫対策はマンション経営!

【地価高騰】港区で≪相続≫対策はマンション経営!

六本木・赤坂・青山などの日本有数の商業エリアと、高級住宅街や湾岸エリアがある東京都港区。それぞれのエリアは個性豊かですが、共通しているのは地価が高いこと。港区の土地を相続すると相続税も相当高額になります。港区で効果的な相続税対策に迫ります。
gold3009k |59view