2016年11月16日 更新

知っておいて損はない!相続トラブル【事例集】

相続に関して揉めているドラマなどを見て、「こんなの本当にはないでしょ」と思っていませんか?!実際は泥沼化するトラブルはたくさんあります!大切な親族と揉めるのを防ぐために、事例を挙げながら対策についてまとめます。

【事例1 預貯金の使い込み】

 (13364)

依頼人:使い込みをされた兄弟姉妹
兄弟姉妹の1人が,生前に管理していた親(被相続人)の預貯金から
多額の金銭を引き出してしまったという事案です。
相談者は預金の取り戻しを請求したいと考え,
ご自身で家事調停の申立をしましたが,預貯金を引き出した相続人は
きちんと説明しようとせず,裁判所からは調停の取り下げを
促されてしまいました。
親と同居していたり看病をしていたりすると、
親の代わりに支払いなど預金口座からお金を引き出すことは多々あります。
そして、世話をしているのだから少しなら大丈夫と、
兄弟の私物に代わるケースはよくあることです。

「家事調停の申立」とはこのケースでは「親族関係調整調停」を指します。

親族関係調整調停

親族間において,感情的対立や親などの財産の管理に関する紛争等が
原因となるなどして親族関係が円満でなくなった場合には,
円満な親族関係を回復するための話合いをする場として,
家庭裁判所の調停手続を利用することができます。
調停手続では,親族関係が円満にいかない原因などについて,
当事者双方から事情を聴いたり,必要に応じて資料等を
提出してもらうなどして事情をよく把握して,解決案を提示したり,
解決のために必要な助言をします。

■申立てに必要な費用
•収入印紙1200円分
•連絡用の郵便切手(申立てされる家庭裁判所へ確認してください。)

■ 申立てに必要な書類
(1) 申立書及びその写し1通(6の書式及び記載例をご利用ください。)
(2) 標準的な申立添付書類
   申立ての段階では,特にありません。
親族だけでは感情的になりがちですが、
第三者が間に入ることで冷静に話し合いをすることができます。
書類は上記の他にも戸籍謄本等が必要です。詳細は家庭裁判所に確認しましょう。

解決策

引き出した金銭の返還を求める民事訴訟を提起しました。
訴訟の中で,問題の相続人は引き出しの事実を否定したため,
預金払戻請求書の署名の筆跡鑑定を実施し,
また,被告の預金取引についての文書提出命令の申し立てをし,
これが認められて被告の預金取引を開示させることができました。
兄弟姉妹は1,500万円の返還に成功しました。
このような事例では証拠集めが重要なカギとなります。

【事例2 同居していた兄弟が親の財産について言ってくれない】

 (13365)

依頼人:別居していた子
相続に際し、親と同居していた長男が
親名義の預金通帳等財産を開示しないため、遺産分割協議が進まない。
親の面倒を見てきたのは自分だから多く相続したい、
同居は煩わしいことも多くあり、相続を考慮し色々と我慢してきたという思いがあります。

解決策

このような場合には、早期に家庭裁判所に遺産分割協議の調停を
申し立てることが有効です。
任意の交渉では感情的になり分割協議に抵抗する方であっても、
第三者である調停委員が説得すると、スムーズに手続に協力してくれる
ケースは少なくありません。
特に相続紛争は感情的にこじれることも多いので、
早い段階で第三者を間に入れて話し合いをすることが
有効なケースも多数経験しております。

遺産分割協議

遺言書がある場合にはそれによりますが、遺言書がない場合には、
相続人全員で遺産の分割について協議をし、分割協議が成立した場合には、
遺産分割協議書を作成してください。
なお、相続人のなかに未成年者がいる場合には、その未成年者について
家庭裁判所で特別代理人の選任を受けなければならない場合があります。
この場合、特別代理人が、その未成年者に代わって遺産の分割協議を行います。
また、期限までに分割できなかったときは民法に規定する相続分で
相続財産を取得したものとして相続税の申告をすることになります。

【事例3 介護していたことを評価してほしい】

41 件

KEYWORDS

WRITER

casey casey

RELATED POST関連する記事

他人事じゃなかった!相続に関するトラブル事例4選

他人事じゃなかった!相続に関するトラブル事例4選

残念ながら、「お金」の問題で人が豹変するのは世の常です。そこで今回、相続に関する「トラブル事例」について、代表的なケースをご紹介します。「うちは仲がいいから大丈夫!」なんて思っている人も、他人事ではありませんよ!
pontakun55 |62view
どうする?!【相続トラブル事例】前妻と子供が突然現れた!

どうする?!【相続トラブル事例】前妻と子供が突然現れた!

現在の日本は「3組に1組」が離婚していることをご存知ですか?!他人事ではない数字です。今回は、前妻と子が突然現れ財産を請求してきた場合どうなるのか、また相続の手続きが遅れてしまったらどうなるかについてまとめます。
PERRY |141view
【トラブル回避】港区での相続はプロに任せましょう!

【トラブル回避】港区での相続はプロに任せましょう!

あなたが港区の、しかも一等地を相続することが決まったとします。一見ラッキーと思いますが、お高い土地を相続するメリットと同じくらいデメリットもあります。今回は港区の情報や相続にまつわることやトラブル回避の方法についてまとめます。
pooh |47view
行方不明に認知症!?法定相続人に関するトラブル事例4選

行方不明に認知症!?法定相続人に関するトラブル事例4選

遺産分割協議は法定相続人の全員参加が必須です。ですが、法定相続人の中に行方不明者や認知症の人が含まれている場合はどうしたら良いのでしょうか?そこで今回は、法定相続人に関するトラブル事例についてご紹介します。
ひでとし |35view
遺産相続で借金まみれ!?借金にまつわるトラブル事例4選

遺産相続で借金まみれ!?借金にまつわるトラブル事例4選

相続する資産より負債額の方が多い場合、誰もが相続放棄の手続きを行うでしょう。ですが、そう単純にいかないのが、遺産相続というものです。そこで今回は、負債額が分からない・・誰にも知られずに回避したい・・など、借金にまつわるトラブル事例を集めてみました。
のりとし |66view