2016年7月11日 更新

相続財産の土地が負の遺産に??その場合相続放棄って可能なの?

相続をする際に土地の取扱というのはとてもデリケートな作業です。土地を相続しても売却が出来ない可能性などメリットが少ないときはどうすれば良いのでしょうか?そういった時には「相続放棄」という手段があります。相続の3つの手段、相続放棄を選択した場合の必要書類、手続きなどまとめていきます。

相続人には3つの選択肢がある

写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (7923)

相続が開始した場合,相続人は次の三つのうちのいずれかを選択できます。
1.相続人が被相続人(亡くなった方)の土地の所有権等の権利や借金等の義務をすべて受け継ぐ単純承認
2.相続人が被相続人の権利や義務を一切受け継がない相続放棄
3.被相続人の債務がどの程度あるか不明であり,財産が残る可能性もある場合等に,相続人が相続によって得た財産の限度で被相続人の債務の負担を受け継ぐ限定承認
 相続人が,2の相続放棄又は3の限定承認をするには,家庭裁判所にその旨の申述をしなければなりません
相続には3つの方法があります。

今回は、その中の「相続放棄」という方法をご紹介します。

相続放棄とは

写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (7925)

相続放棄(そうぞくほうき)とは、民法上の概念、用語の一つであり、相続人が遺産の相続を放棄すること。被相続人の負債が多いなど相続に魅力が感じられないケースや、家業の経営を安定させるために後継者以外の兄弟姉妹が相続を辞退するときなどに使われる。なお、3か月以内に限定承認又は相続放棄のどちらかを選択しなかった相続人は(家庭裁判所に期間の伸長を申し出なければ)単純承認とみなされる(民法915条1項、921条2号)。
相続放棄は、その名の通り亡くなったご親族の方の遺産相続を放棄することです。
相続をするのは必ずしもプラスのものとは限りません。債務なども相続の対象になります。
大きな負債などは相続するとマイナスになってしまうので、そういった場合には相続放棄を行います。
土地を相続放棄したい方は、家庭裁判所に相続放棄をする旨を申述しなければいけません。

相続する事とは

 (171)

仮に1,000万円の現金と、山奥の利用価値のない空き家が相続財産だったとします。当然1,000万円は相続する価値がありますが、山奥の土地は、相続したところで建て直しもできず、また買い手がつくような土地でもありません。ただ所有しているだけで、無意味に固定資産税をとられるだけですから、何のメリットもありません。
この場合、相続人の本心からすると、現金だけ相続したいところですが、残念ながらそれはできません。こういった場合は、「すべて相続する」単純承認か、「すべて相続しない」相続放棄のいずれかを選択する事になります。
この場合だと相続を行うと売れない土地なども相続してしまうことになるので、
相続した土地の固定資産税や相続税なども支払わなければいけません。
その辺も考えて相続するのか放棄するのか考える必要があります。

相続放棄に必要な書類

 (7415)

相続放棄の申述書
標準的な申立添付書類
※ 同じ書類は1通で足ります。
※ 同一の被相続人についての相続の承認・放棄の期間伸長事件又は相続放棄申述受理事件が先行している場合,その事件で提出済みのものは不要です。
※ 戸籍等の謄本は,戸籍等の全部事項証明書という名称で呼ばれる場合があります。
※ もし,申述前に入手が不可能な戸籍等がある場合は,その戸籍等は,申述後に追加提出することでも差し支えありません。
※ 審理のために必要な場合は,追加書類の提出をお願いすることがあります。
【共通】
1. 被相続人の住民票除票又は戸籍附票
2. 申述人(放棄する方)の戸籍謄本
【申述人が,被相続人の配偶者の場合】
3. 被相続人の死亡の記載のある戸籍(除籍,改製原戸籍)謄本
【申述人が,被相続人の子又はその代襲者(孫,ひ孫等)(第一順位相続人)の場合】
3. 被相続人の死亡の記載のある戸籍(除籍,改製原戸籍)謄本
4. 申述人が代襲相続人(孫,ひ孫等)の場合,被代襲者(本来の相続人)の死亡の記載のある戸籍(除籍,改製原戸籍)謄本
20 件

KEYWORDS

WRITER

nisioka nisioka

RELATED POST関連する記事

【いらない!】遺産の土地の相続放棄の手続きをしよう!

【いらない!】遺産の土地の相続放棄の手続きをしよう!

遺産相続の代表的なものといえば土地です。価値のある土地なら良いですが、中には相続することが不利になる土地もあります。土地は持っているだけで税金等の費用が発生する固定資産です。それなら必要ない土地は相続放棄の手続きをしましょう。
uesugi885 |249view
【事前に知っておきたい事】土地の相続手続きの方法のイロハ

【事前に知っておきたい事】土地の相続手続きの方法のイロハ

ご親族の遺産の相続方法の中で「土地の相続手続き」はとても重要です。相続手続きをきちんと行わないと、後々問題が発生する可能性があるかもしれません。では、土地の相続を行うためにはどうすれば良いのでしょうか? 法務局HPを参考にしながら、必要な書類、手続きについてまとめていきます。
nisioka |365view
自分で相続の手続きをする!~必要書類を教えて!~ 

自分で相続の手続きをする!~必要書類を教えて!~ 

大切な親(親族)が残してくれた財産は、家族できちんと分けて今後に活かしたほうが良いです。法律事務所等に依頼すれば簡単ですが、お金がかかります。そこで今回、自分たちで行う場合の手続きや必要書類についてまとめます。
sakuzou |136view
【相続放棄】の手続き方法って難しい?郵送でもOK?

【相続放棄】の手続き方法って難しい?郵送でもOK?

被相続人に借金などがある場合、相続放棄を行えば借金も含めて一切の相続を放棄できます。この相続放棄の手続きは難しいのでしょうか。裁判所に行かずに郵送で済ます事はできるのでしょうか。相続放棄を簡単に行うための手続きについて調べてみました。
ponnpon888 |906view
~土地相続の必要な手続きと期限~空き家特措法にもご注意!

~土地相続の必要な手続きと期限~空き家特措法にもご注意!

土地相続に必要な手続きは、10ヵ月以内の相続税の申告、4ヵ月以内の準確定申告、そして土地の名義変更である相続登記です。相続登記には期限や罰則はありませんが、早目に済ませれば「空き家特措法」を巡るトラブルに巻き込まれる心配も減ります。
pane |83view