2017年2月14日 更新

東京23区の世帯平均預金~相続での預金の扱いについて~

東京23区にお住まいの方はどのくらいの預金をお持ちなのでしょうか。そして預金の相続について、相続税や相続の手続きはどうなっているのでしょうか。裁判で問題となっている預金の遺産分割についてもご紹介します。

無料の写真: 正義, ハンマー, 裁判官, 法律, 段落, 右, 裁判所, 句 - Pixabayの無料画像 - 471885 (19484)

最高裁判例は、預金などの可分債権の相続は相続開始とともに法律上分割され、各相続人は、その相続分に応じて権利を承継するとしています(これを分割債権説といいます。)が、銀行実務は相続預金の払戻しは共同相続人全員でしなければならないとしており、最高裁判所の見解と異なります。 
実際のところ、銀行で預金の相続手続きを行うときは遺産分割協議書などが必要となることがあります。
ですが民法では必要ないとなっています。
現実問題として、相続人が勝手に預金を下ろしてしまうとトラブルになります。
そういったことから、最高裁までこの件に関しての裁判が行われています。
決定は「預貯金は現金のように確実かつ簡単に見積もることができ、遺産分割で調整に使える財産になる」と指摘。「預金者の死亡で口座の契約上の地位は相続人全員で共有されており、法定相続割合では当然には分割されない」として04年判例を変更した。15人全員一致の結論。

「預貯金は法定相続の割合で機械的に分配されず、話し合いなどで取り分を決められる『遺産分割』の対象となる」との判断を示し、遺産分割の対象外としてきた判例を変更した。
直近の最高裁の判決では、過去の判例を覆し、預金も遺産分割の対象となるとしています。
裁判の結論は出ていませんが、
預金は遺産分割の対象と考えて納得する分割方法を取るのが良いかと思います。
20 件

KEYWORDS

WRITER

worryjin6 worryjin6

RELATED POST関連する記事

【東京23区】不動産経営オーナー必見!かしこい相続対策

【東京23区】不動産経営オーナー必見!かしこい相続対策

不動産経営につきものの空室リスクが非常に低い東京23区の不動産経営オーナーにとって、相続税は悩みの種ですね。地価が高いため高額になってしまう東京23区内の相続税を、合法的に賢く節税する方法を説明します。
buff270llo |119view
地価上昇が続く東京23区~相続税対策の投資と評価額~

地価上昇が続く東京23区~相続税対策の投資と評価額~

東京23区は2020年のオリンピックに向けて地価の上昇が続いています。そこで、相続税対策のために不動産購入は一つの方法です。そして資産の運用を行うこともまた大切です。そこで、東京都23区の地価上昇について調べてみました。
jijikomu91 |139view
増える東京23区の【空き室率】~対策と相続税について~

増える東京23区の【空き室率】~対策と相続税について~

東京23区内ではアパートの空き室が増えてきています。空き室のままアパートを所有しているとマイナスの資産となってしまいますよ!そこで今回、空き室対策のためにはどうすれば良いのか、相続税はどうなるのかについてまとめてみました。
jijikomu91 |111view
相続税対策のために東京23区で中古マンションを購入する!

相続税対策のために東京23区で中古マンションを購入する!

相続において相続税対策を行っておくことはとても大切です。現金で所有するよりも不動産に変えた方が相続税評価額を減らすことが出来ます。そこで、東京23区で中古マンションを購入する方法についてまとめてみました。
jijikomu91 |156view
相続時に役立つ!東京23区の不動産取引価格まとめ

相続時に役立つ!東京23区の不動産取引価格まとめ

東京23区は日本で最も高価な地域です。そんな東京23区での土地や中古マンション、住宅の取引価格など不動産についての情報をまとめてみました。相続時には不動産の評価額が相続税に大きく影響してきますので、知っておくと便利ですよ。
merrisa8209 |63view