2017年2月8日 更新

中野区で賃貸中の不動産相続は【公正証書遺言】がおすすめ

民間の賃貸住宅や集合住宅が多い中野区は、不動産の賃貸経営をされている方が多いです。賃貸中の不動産相続はお金と違い分割が難しく、遺産分割協議は揉める可能性があります。不動産相続に公正証書遺言がおすすめの理由や、中野区で作成できる場所などをご説明します。

賃貸物件が多い中野区

 (19287)

「木賃ベルト地帯」という言葉は今や昔の感もあるが、民営借家の割合は今も23区中トップ、木造共同住宅の割合も2位と言うから、中野区は借家王国だ。新宿に近く便利な上に、物件も豊富。だから、20代の割合が23区で一番多いのもうなずける。

同時に中野区は、地域社会の骨格が戦前に形成された、成熟した街でもある。
野方駅前は、古くから周辺一帯の商業の中心地で、約300の店舗が集まる。商店街は6つの通りで構成されている。駅の南に駅前通り、これと交わる本町通り、駅前から本町通りへ抜ける横丁のときわ通り、本町通りから枝分かれするみつわ通り、駅の北には北原通り、そして駅前通りの先にあるアーケード街がやっほーろーどだ。
 (19289)

アパートやマンションなどの集合住宅が多い中野区は、
不動産の賃貸経営をしている人が多い区でもあります。

アパートやマンションなどの不動産の相続は、
法定相続の割合通り分割できませんから、
事前に遺言書を用意しておくと、相続時の遺産分割協議がスムーズに進みます。

遺言書に抵抗感を持つ人は多い

 (19293)

遺言書と聞いて、素晴らしいお手紙だと連想される方はまだまだ少ないと思います。

どうしても遺書を連想してしまい縁起でもないと思われ、日本ではあまり遺言書を遺すという考え方が根付いていません。

しかし、全くそんなことはなく、ご自身の人生の最後の希望を叶え、大切な方に想いを伝える素晴らしいお手紙なのです。
遺言書を「家族へ贈る最後のラブレター」と表現する人もいます。
遺される家族が相続する資産を有効利用できるよう道を作るお手紙なのです。

中野区の遺言書作成は公正証書遺言がおすすめ

公正証書遺言とは公証人が遺言者から遺言の内容を聞き取って、公証人が作成する方式です。

遺言が無効になることや、偽造のおそれもなく、原本を公証人役場で保管するので紛失しても再発行してもらえます。

また、相続開始の際に家庭裁判所の検認も要りません。
但し、公証人役場の手数料と、作成の際の証人が必要になります。
公正証書遺言は公証役場にて作成しますが、法律事務所にサポートを依頼する方が多いです。
作成時に立ち会う証人が二人必要ですが、証人も法律事務所に依頼できます。

中野区の公証人役場

 (19300)

22 件

KEYWORDS

WRITER

buff270llo buff270llo

RELATED POST関連する記事

【中野区】遺言書を残して円満な≪遺産相続≫を実現する

【中野区】遺言書を残して円満な≪遺産相続≫を実現する

資産が少ないから自分の遺産相続は揉めたりしないだろうと考えている人は多いです。現実は、資産の多い少ないに関わりなく遺産分割でトラブルになるケースが多いです。今回、中野区で相続を円満に行うための遺言書作成を相談できる窓口をまとめます。
almond956 |64view
【公正証書遺言】渋谷区で事前の遺産相続準備まとめ

【公正証書遺言】渋谷区で事前の遺産相続準備まとめ

公正証書遺言は、公証役場で証人立会いのもと公証人が代筆し法的効力を確実にする遺言書です。今回、遺言書や相続について渋谷区で相談できる窓口や、渋谷区の公証役場、公正証書遺言作成に必要なものや作成の流れなどをまとめました。
eupero0120 |88view
中野区で不動産相続した時~相続税と固定資産税について~

中野区で不動産相続した時~相続税と固定資産税について~

中野区で不動産を相続される方が知っておきたいのが、固定資産税についてのことと相続税についてです。固定資産税を中野区内で閲覧できる場所や、固定資産税についてなどを調べてみました。中野区の土地相場もご紹介します。
kimitani1209 |237view
相続で取得する不動産は耐震工事!【木造住宅の多い中野区】

相続で取得する不動産は耐震工事!【木造住宅の多い中野区】

相続する不動産、これから相続させていこうと考えている不動産が耐震基準を満たしていないときは、耐震改修の工事を行う事をオススメします。中野区の場合は融資制度もありますので利用して工事するのが良いです。融資制度や税額控除などをご紹介します。
yamazakikihu |116view
不動産相続の手続き時に気をつけたい事【遺言書の取扱注意】

不動産相続の手続き時に気をつけたい事【遺言書の取扱注意】

不動産相続の手続きの際に重要なのが「遺言書」の存在です。遺言書があるのかないのかでその先の遺産分割協議も変わってきます。では、遺言書はどのように扱えば良いのでしょうか?その取扱方法について紹介します。
akiyama90 |74view