2016年7月29日 更新

~土地の相続方法~名義変更し必要な税金を申告・納付しよう

土地を相続したら何をしたらいいのでしょうか。基本的には、被相続人が亡くなると相続人が権利を受け継ぎ、相続登記の届け出をし相続税の申告と納付をします。その土地で商売をしていた場合は、被相続人の所得税や権利関係の整理も必要です。

主な相続手続きは3つ「相続登記」「相続税」「準所得申告」

Desk - Wikipedia, the free encyclopedia (8847)

相続に際して特に争いや問題がない場合は、
「名義変更」「相続税」「準所得申告」の3つの手続きを行います。
書類を集めて提出したり税の申告や納税を済ますことで、相続が完了します。

ただし、複数の相続人の間に意見の相違がある場合は、
弁護士を交えて解決策を探し決定し書面で確認する、といった過程が必要になります。

相続人の名前を登記簿に記載する「相続登記」

 (8946)

まず、土地の登記簿の名義変更である「相続登記」が必要です。

国が定めた必要書類を集めて担当の法務局に提出し、算出した免許登録税を納めて、
相続による登記名義の変更手続きを済ませます。

相続登記には期限や罰則はありませんが、
トラブルを避けるためにも早目の手続きをおすすめします。
相続を原因とする所有権移転登記申請の場合
1 法定相続分のとおりに相続した場合
(1) 必要な書類
 ① 登記申請書
 ② 添付書類
  (ア) 相続が発生したこと及び相続人を特定するための証明書
 具体的には,被相続人(死亡した方)の出生から死亡までの戸籍謄本,除籍謄本等のほか,相続人となる方々の現在の戸籍謄本が必要となります。
  (イ) 相続人全員の住民票の写し
  (ウ) 委任状(代理人が申請する場合)
 ③ 登録免許税(通常は収入印紙で納付)
(2) 登記申請手続について
 相続人全員で申請する必要があります(ただし,相続人のうちの一人に手続を委任することができます。この場合は,委任状が必要になります。)。
(略)
 登記申請書を作成し,添付書類がそろった後,土地・建物を管轄する登記所に申請します。
 申請の方法は,直接窓口へ持参する方法,郵送する方法,オンライン申請する方法があります。

他の相続財産と合わせて10ヵ月以内に行う「相続税の申告」

次に相続税の申告と納税ですが、
土地を含めた相続財産全体の評価額によっては、特別控除が適用され非課税となる場合も多くあります。

土地の評価額算出には、実勢価格ではなく国が定める相続税路線価などが使われます。

相続税は相続財産全体への課税であり、10ヵ月以内の期限もありますから、
相続財産が多岐に渡っている場合は、税理士に依頼することが多いようです。
 (8953)

相続税の申告の方法
相続税は相続が発生してから、 10ヶ月以内に申告をしなければなりません。(略)。しかし実際には相続財産が多岐にわたったり、 財産の評価方法が複雑で、 10ヶ月以内には相続税の申告ができないことがあります。

この場合は、相続税の計算が途中であることを伝えた上で、 10ヶ月以内にいったん税務署に相続税の申告をします。そして順次、相続税の申告を完成させていきます。

申告手続きについて
相続税の申告は、 税務署所定の申告用紙に必要事項を記入して、 必要書類を添付して行います。
申告書に貼付する必要書類は、申告内容によって一件一件違いがあります。
詳しくは国税庁のHPや税務署の窓口で確認してください。
相続税の申告の際に提出していただく主な書類
1 相続税の申告書に添付して提出していただく主な書類は次のとおりです。詳しくは税務署にお尋ねください。(略)
(1) 一般の場合
((2)~(9)の特例等の適用を受けない場合)
① 被相続人の全ての相続人を明らかにする戸籍の謄本(相続開始の日から10日を経過した日以後に作成されたもの)
② 遺言書の写し又は遺産分割協議書の写し
③ 相続人全員の印鑑証明書(遺産分割協議書に押印したもの)
④ 相続時精算課税適用者がいる場合には、
被相続人及び相続時精算課税適用者の戸籍の附票の写し
(相続開始の日以後に作成されたもの)
(注) ②及び③の書類については、提出をお願いしている書類です。
(2) 配偶者の税額軽減(9ページ参照)の適用を受ける場合
相続税の支払いには、現金の他に相続財産そのものの中から
価値のある不動産や物品によって納税する「物納」も一般的な納税方法として用いられます。

被相続人の最後の確定申告「準確定申告」

22 件

KEYWORDS

WRITER

koch koch

RELATED POST関連する記事

相続で得た土地にかかる税金を【節税】~3つの方法とは~

相続で得た土地にかかる税金を【節税】~3つの方法とは~

相続で土地を得る機会がある、土地を得る可能性があるという方もいらっしゃるかもしれません。相続があると相続税がかかります。相続税を節税して得る資産を多くしたいという方のために、相続で得た土地の3つの節税方法をまとめました。
kaorin4906 |58view
【土地登記】板橋区の土地を≪相続≫注意ポイント【税金】

【土地登記】板橋区の土地を≪相続≫注意ポイント【税金】

東京23区で商業地やオフィス街が多く、地価が高めの板橋区内の土地を相続する時の注意ポイントをまとめます。相続税の事や相続登記の事など、専門知識が必要な情報を説明しますね。法律事務所に相談するのはおすすめです。
letyour8 |42view
【相続した土地や資産生前贈与】税金対策のために出来る事!

【相続した土地や資産生前贈与】税金対策のために出来る事!

相続した土地などの資産をそのままにしておくと、相続税がたくさんかかってしまいますね。そこで税金対策のために「生前贈与」という方法があります。今回、その中でも「会社をつくる」という方法のメリットをご紹介しようと思います。
nico25nico |69view
え?土地の売買契約後に相続発生・・・税金はどうなる?

え?土地の売買契約後に相続発生・・・税金はどうなる?

土地の売買契約を結び、あとは引き渡し・・・と思ったら、売主・買主がなくなってしまい、相続が発生してしまった。ちょっと複雑だけどあり得る話ですよね。そんな時は税金はどうなるのでしょうか?まとめてみたので、ぜひ参考にしてみてください。
nakayamana |269view
【税金対策】相続した土地の利用区分で不動産評価額を減らす

【税金対策】相続した土地の利用区分で不動産評価額を減らす

相続税は、不動産などを相続した際に支払わなければいけないものです。その方法は色々ありますが、不動産の場合に関しては固定資産税も念頭に置かなくてはなりません。数多くの税金がかかる中、そういった税金対策のための方法を紹介します。
tamati |77view