2016年7月1日 更新

【相続税対策】相談先は税理士!?その重要性とは!?

相続税対策は相続の中で大きなテーマとなりますね。そこで、ご自身だけの知識に頼らず相談をすることが大切になります。税に関する専門家といえば税理士です。今回、税理士に相談する際に知っておきたい事についてまとめました。

相続税の専門家

 (7233)

間違った専門家にたのんでしまうと、お金と時間を無駄に使ってしまう事があります。
例えば、不動産の名義変更であれば代理できるのは司法書士のみです(弁護士も可能な場合あり)。相続税の申告であれば税理士のみです。
それ以外の人が上記の業務を行うことは違法です。
相続には多くの専門家が絡んできます。
不動産の登記は司法書士、遺産分割でもめたら弁護士、
土地の分割するなら土地家屋調査士、農地転用は行政書士などです。

その中で、相続税対策の専門家は税理士です。

税務署でも相談可能

 (7234)

税務署におもむいて相談することもできます。
税務署で相談するにあたっては、税務署職員の相談はあくまでも無料でのサービスです。
税務署はあくまでも公平な立場で徴税するために必要な情報を提示するに過ぎない立場であることの理解も必要です。
税務署は税理士のように相談者・依頼者の立場に立って相談を受けるわけではなく、納税に必要な手続きとアドバイスをすることが仕事です。
節税のテクニックなどは教えてもらうことを期待することは、基本的にできないと考えて相談におもむくことが必要です。
税務署でも相続税に関する相談は受け付けてくれます。
税務署が営業している時間内なら電話でも直接行ってもOKですが、
税務署の職員に説明を受けるのは事実だけと考えておいた方が良いですね。
こうしたら節税対策になりますよとは教えてくれないです。

税理士報酬に関して

 (7412)

相続税の税理士報酬も価格競争で多様化していますが、 やはり相続財産の評価額全体に一定のパーセントを掛け算して相続税の税理士報酬を決定しているところがまだまだ多いのが現実です。
そのため様々な相続税の税理士報酬を提示されたとしても、 相続財産評価額の0.5%から1%ぐらいの数字を掛け算して判断してみるとよいでしょう。
相続税の税理士報酬は、ほとんどの税理士事務所が無料で見積り価格を算出してくれますから、複数の税理士事務所に 相続税の税理士報酬を確認してみるのもいいでしょう。
規制緩和で、税理士報酬も上限を超えなければ報酬額を自由に決めて良くなっています。
上記のように相続財産評価額の0.5から1%程度が税理士報酬と考えて良さそうです。
それよりも高ければ理由を聞きましょう。

後は、複数の税理士に見積もりを取ってみるのも効果的です。

税理士の申告は重要

 (7236)

不動産を高めに評価し、実際よりも多めの相続税で申告したとしても、税務署は「こんなにいらないですよ」とは教えてくれません。そのため、納税者が出来る事としては、他の税理士への「セカンドオピニオン」が有効な対策となります。
すでに相続税申告を終えてしまっている場合でもセカンドオピニオンは有効です。例えば、元国税調査官を歴任された方が、引退して税理士をされている事もありますので、そう言った方にセカンドピニオンを依頼する事で、万が一の際には、後から修正して還付を受ける事も出来ます。
20 件

KEYWORDS

WRITER

plus plus

RELATED POST関連する記事

【相続税対策のために】税理士選びはとても重要です!

【相続税対策のために】税理士選びはとても重要です!

相続税のことを聞くなら、まずは税理士を思い浮かべますね。ただ、どのような税理士に依頼をすれば良いのでしょうか?実は相続に詳しい税理士の方というのは多くはありません。そこで知っておきたい相続専門税理士の探し方についてまとめてみました。
plus |58view
坪単価の高い【中野区】相続税対策のために行いたい事

坪単価の高い【中野区】相続税対策のために行いたい事

相続税対策というのは相続をされる方にとっては頭の痛いことです。中野区は駅側ですと土地の価格がかなり高くなります。土地が高い分相続税がかかる可能性が高い場所です。そこで、中野区で行いたい土地活用法について考えてみました。
himakin5 |102view
【孫がいる方の相続税対策】教育資金贈与制度の活用!

【孫がいる方の相続税対策】教育資金贈与制度の活用!

相続税対策は様々ですが、被相続人にお孫さんがいらっしゃる場合にオススメしたいのが教育資金の贈与制度です。 贈与制度を利用することで、多くのお金を贈与することができ且つ非課税となっています。今回、教育資金贈与の適用範囲や教育資金贈与信託についてまとめてみました。
plus |128view
【相続税対策】相続資産は個人から法人化して行おう!

【相続税対策】相続資産は個人から法人化して行おう!

相続した資産が不動産になる可能性が多い場合、特にその金額が大きくなる可能性があるのでしたら、相続税対策のために「法人化」することをオススメします。「法人化」するとどういったメリットがあるのでしょうか?
plus |299view
【相続税対策】具体的な方法と節税で知っておきたいこと

【相続税対策】具体的な方法と節税で知っておきたいこと

遺産相続でまず気になるのは「相続税」ではないでしょうか。平成27年1月からの改正で大幅に基礎控除額が引き下げられ、相続税の課税対象となる人が増えています。納める税金をできるだけ抑えて、相続をスムーズに進めたいですね。
butaman |163view