2016年7月1日 更新

【相続税対策】不動産購入がオススメのワケと選び方をご紹介

不動産購入をすると相続税対策になります。これは相続について関心のある方ならご存じのことかと思います。今回、なぜ不動産購入が相続税対策になるのか、そして不動産購入の際に知っておきたいポイントについてまとめてみました。

不動産購入は相続税対策

 (7058)

相続税の財産評価は、原則として「財産評価基本通達」という通達の規定に従って行います。この評価通達により算出した不動産の相続税評価額は、不動産の時価と必ずしも一致しません。この相続税評価額と時価との差額の活用や、法令で認められている評価減の活用によって、次のように不動産にかかる相続税の課税対象額を引き下げることができます。

時価と相続税評価額の格差を活用
例えば、建物の相続税評価額(固定資産税評価額)は建築(取得)価額の60%~70%程度といわれており、建物を建築すると建築価額と固定資産税評価額との差額が評価額の引下げ効果をもたらします。
相続税の対象となるのは相続資産の合計評価額です。
現金で1万円持っているよりも、1万円の何かを購入した方がその評価額は激減します。
それと同じ事が不動産購入にも言えます。
1億円の不動産を購入すれば、その評価額は7000万円から8000万円に減らすことが出来るのです。

不動産購入時期

 (7059)

建物を建築した後は建物の価値が高いが、累計家賃収入が低いので相続評価額が低く済む。一方、年月が経つにつれて建物評価額は下がってくるが、累計家賃収入が上がってくる。時間が経過すればするほど、相続対策に役立たなくなってくるのである。
相続税を意識して被相続人が生前に不動産を購入する際には、
ある程度の期間を見越して不動産を購入する方が不動産の評価額を下げることが出来ます。
相続のために急いで不動産を購入すると失敗する可能性がありますので、計画的に行いましょう。

不動産と節税はセット

 (7060)

「不動産投資と節税を組み合わせた提案」です。
「現在の日本において、節税対策と組み合わせない不動産投資はオススメできない」のだそうです。裏を返せば、不動産投資単体でのメリットは少なくなっているということなのですね。
不動産購入をする際には、節税効果を念頭に置いておくことも重要です。
どんなに良い物件でも、節税効果のない物件は良い不動産とは言えない時代になってきているのです。

節税効果の高い不動産

 (7414)

節税に向いている不動産物件は、築年数が古い木造の物件です。
投資対象となる物件の取得費用は減価償却することで、所得を減らすことができます。木造物件の耐用年数は新築後22年と定められていますが、耐用年数を過ぎた物件については耐用年数が4年延長されます。
短期間で高額な減価償却費を計上できるため、所得を大幅に減らすことができます。もし節税目的での投資物件を探している場合には、木造建築のアパートをターゲットにすることができます。
20 件

KEYWORDS

WRITER

plus plus

RELATED POST関連する記事

【相続税評価額を減らす不動産】相続税対策とその課題

【相続税評価額を減らす不動産】相続税対策とその課題

相続税改正に伴い、相続税評価額を下げて相続対策を行う動きが増えていますね。中でも不動産はとても優遇されたものになっています。相続税評価額を減らす方法とは何か、そしてこれからの不動産と相続税の課題についても紹介します。
mukaidai |90view
【相続税対策や売却益】に有利な不動産情報って何?

【相続税対策や売却益】に有利な不動産情報って何?

相続税対策や相続によって得た不動産を売却するには情報が必要ですね。そこで、売却益を多く出すための不動産売却のタイミングや、相続税対策のための不動産購入について、物件の探し方などの情報をまとめてみました。
mukaidai |64view
【相続税対策に不動産】ロボットによる査定方法が狙い目!

【相続税対策に不動産】ロボットによる査定方法が狙い目!

相続税対策の中に「現金を不動産に変える」という方法があります。この方法を利用すれば、相続税評価額を大幅に下げることが出来ます。不動産購入をどうやって行うのかが重要となりますが、査定方法が凄いのでロボット仲介がオススメです。
mukaidai |90view
不動産にかかる【相続税】効果的な対策は?長期計画も必要!

不動産にかかる【相続税】効果的な対策は?長期計画も必要!

不動産を相続する時にかかる相続税は相続する際に大きな負担となります。相続が発生する前に対策をしておく必要がありますが、どのような方法が効果的でしょうか?不動産にかかる相続税とその対策についてまとめました。
msyhyr |122view
【相続税対策!海外で不動産を持つ】海外の評価額は?

【相続税対策!海外で不動産を持つ】海外の評価額は?

相続税対策の中に、海外で不動産を持ってしまうという方法があります。海外は日本国内よりも相続税が安く、相続税対策をする必要のない国もあります。今回、不動産を海外で購入するメリットや評価額について紹介します。
tamati |106view