2016年11月10日 更新

【離婚後の遺産相続】子供には権利があるの?その割合は?

離婚した後に相続が発生するということは少なくないことです。また、遺産相続での離婚・再婚というのはトラブルとなる可能性もあります。では離婚後における相続において、相続権利が発生するのは誰になるのでしょうか?

離婚後の相続権利

二つに割れたハートのチョコレート|フリー写真素材・無料ダウンロード-ぱくたそ (12167)

夫婦が離婚すれば他人となりますから、離婚後の元夫婦がお互いに相続権を持たないのは当然です。しかし、父と子が親子であることには変わりありませんから、両親が離婚したからといって「縁が切れる」ようなことはありません。よって、子は離婚した父母の双方についての相続権を持ちます。
離婚後に相続が発生した場合、前妻である方には相続権利はありません。
子供がいた場合は、その子供に相続権利があります。

割合

配偶者がすでに死亡していたり、被相続人の生前に離婚していたときは、子がすべての遺産を相続します。
法定相続人  相続割合
子      1/2
法定相続分ですが、被相続人が離婚後再婚されていた場合、再婚後子供がいない場合は、
前妻との子供に支払う割合は1/2となっています。
再婚後の配偶者に1/2ということになります。

遺留分の権利

無料の写真: お金, ユーロ, コイン, 紙幣, 電卓, 予算, 保存し, ホーム - Pixabayの無料画像 - 167733 (12165)

1:何年間も会っていない先妻の子にも相続権はあります!
再婚する前に先妻に子供がいて交流が無い場合、再婚後の妻と子供に相続すればよいと思っていると、いざというときにこのことを知らず、相続人を確認する際にわかるケースがよくあります。
しかも、先妻の子も再婚後の子も法定相続割合は同じ「後から気づいても時すでに遅し」ですよ。

2:前妻の子にも遺留分という権利が認められています!
相続を行った後に、前妻と前妻の子から遺留分を主張される可能性があります。
前妻との子供にも法定相続分がありますので、
遺産分割協議を行った後になってその子供から相続分の請求があれば、支払わなければいけません。
そして、遺言書に相続させない旨が記載してあったとしても、遺留分を主張する権利があります。

後妻の子

 (12849)

先妻との間に1人子ができたが離婚または死別してしまい、後妻をもらってまた1人子ができた、そんな場合です。夫が亡くなった場合は2人の子は同一割合で相続分を持ちますので、後妻が1/2 子はそれぞれ1/4 相続します。問題は後妻が亡くなった場合ですが、この場合先妻の子は相続分を持たないので、夫と後妻の子がそれぞれ1/2。相続します。先妻の子は後妻と血がつながっていないからです。このような事態を防ぎたい場合は、後妻と結婚後に先妻の子を後妻と養子縁組させるか、遺言をのこすことになります。
後妻との間に出来た子供、そして前妻との間に出来た子供が貰える相続分は同じ割合です。
例えば1000万円の資産があった場合、
配偶者は500万円、前妻の子は250万円、後妻の子は250万円となります。
配偶者がいなければ、子供は500万円ずつ相続することになります。
22 件

KEYWORDS

WRITER

yasiro yasiro

RELATED POST関連する記事

【遺産相続】兄弟の権利、相続額に違いはあるのか?

【遺産相続】兄弟の権利、相続額に違いはあるのか?

兄弟が協力して執り行う「親の葬儀」。ですが、その後に待ち構えているのが「遺産相続」というハードルです。場合によっては、お互いの権利を主張しすぎてトラブルになる事も・・。兄弟で遺産を相続する場合、相続額に違いはあるのでしょうか?トラブル事例と合わせてご紹介します。
pontakun55 |166view
遺産相続【孫に権利を譲りたい場合】 行い方やメリット

遺産相続【孫に権利を譲りたい場合】 行い方やメリット

孫に相続させたいと考える方も少なくないですよね。遺産相続で、孫に相続の権利をあげておきたい場合はどうすれば良いのでしょうか。また、孫に相続権を渡すメリットとは何なのでしょうか。相続税対策にもなる孫への遺産相続についてまとめました。
yosikawa |89view
【相続放棄の注意点】遺産相続の権利が欲しいときの対処法

【相続放棄の注意点】遺産相続の権利が欲しいときの対処法

「相続放棄」は遺産相続を全て放棄する方法です。この反対が「単純承認」で、全ての遺産を相続するという方法です。そこで知っておきたいのが相続放棄の注意点について、そして一部の遺産相続だけを行いたいときの方法についてです。
yosikawa |63view
遺産相続での債権権利には期限がある【不当利得の時効】

遺産相続での債権権利には期限がある【不当利得の時効】

債権の遺産分割はとても多いトラブル事例です。遺産分割には多くの手続きがありますが、それぞれ期限が定められています。ただし、遺産分割協議には期限がありません。そこで問題となるのが債権です。どういった所が問題になるのでしょうか。
yosikawa |167view
遺言書で指定できる遺産相続の権利と遺留分について

遺言書で指定できる遺産相続の権利と遺留分について

遺言書には、相続資産の分割などを指定する権利があります。遺言書で指定できる「遺産分割の権利」とはどういった内容になっているのでしょうか。法定相続の権利と遺言書はどちらが優先されるのかなどを調べてみました。
simada |67view