法律関係

日本における遺産相続については、民法により細かく規定されています。 遺言書がある場合には法律より優先されますが、 民法の定めに沿って作成しなければ無効となり、効力を発揮しません。 それと同時に民法には、遺留分規定など遺言による排除を認めない強行規定も存在します。 つまり、民法に定められた相続の規定は、誰もが直面しうる遺産相続の場面において、 一番の基準となる最も重要なルールとなります。

法律関係に関するまとめ記事一覧
最近投稿された記事

【基礎知識】法定相続人の優先順位が知りたい!【解説】

【基礎知識】法定相続人の優先順位が知りたい!【解説】

日本では法律によって相続に関する優先順位が決まっています。法定相続人と言いまして、1番は被相続人の子供、次に直系尊属、次に兄弟や姉妹となっています。揉め事になりがちな相続、これを使うことでうまく乗り切りましょう。
【基礎知識】法定相続人の優先順位が知りたい!【解説】FF |116view
【ここで解説】遺言書と法定相続どっちが優先される? 

【ここで解説】遺言書と法定相続どっちが優先される? 

親が亡くなり遺言書が見つかり明らかに他の相続人との差を感じたとき、あなたはそれを受け入れますか?法定相続人ならば本来もらえるべき取り分があるはずです。今回は遺言書と法定相続のどちらが優先されるのか考えます。
【ここで解説】遺言書と法定相続どっちが優先される? sango |126view
【相続廃除】って一体なに!?相続欠格と何が違うの?? 

【相続廃除】って一体なに!?相続欠格と何が違うの?? 

相続人としての資格が剥奪されてしまう「相続欠格」。この相続欠格と似て非なるものが「相続排除」です。そこで今回、「相続排除」とは何か、どんな場合に有効なのかについて詳しく調べてみました。必見の情報です!
【農地転用4条】農地を別用途として使用する時には?

【農地転用4条】農地を別用途として使用する時には?

4ヘクタール以上の広さがある農地を転用したいけど法律的にはどうなの?という方のために、農地法第4条をまとめてみました。4条ってなに?どういった届け出をすればいいの?といった疑問を持たれた方もぜひ参考にされてください。
農地を売買や賃借したい!農地転用における第3条の条件は?

農地を売買や賃借したい!農地転用における第3条の条件は?

農地の売買・賃借といった時には、農地法第3条で許可が必要になります。ただ許可が不必要な場合もありますので、法律はちょっと・・・といった方には少々困りものですね。そこで、農地法3条についてまとめてみました。
5 件

法律関係で人気のキーワード