nico25nicoさんのまとめ記事一覧
最近投稿された記事

【遺言書が複数ある場合】どの遺言書が有効になるの?

【遺言書が複数ある場合】どの遺言書が有効になるの?

遺言書は正式な書式で記述しなくてはいけません。そんな中、遺言書が複数出ていた場合、どの遺言書が有効になるのでしょうか?また、「公正証書遺言」と「自筆遺言書」の場合はどうなるのかなどについてご紹介します。
遺産相続で委任状を偽造した場合はどうなるの?罪とは?

遺産相続で委任状を偽造した場合はどうなるの?罪とは?

遺産相続において様々な手続きが行われると思いますが、その中でよく利用されるのが委任状。この委任状を相続人の誰かが偽造した場合はどうなるのでしょうか?偽造した際の罪やその内容などについてまとめてみました。
遺産相続で委任状を偽造した場合はどうなるの?罪とは?nico25nico |1,700view
こんな時「遺言書」を無視できる?~遺言執行者・債務~

こんな時「遺言書」を無視できる?~遺言執行者・債務~

遺言書に書かれている内容に納得できないという時は、遺言書に書かれている内容と違った相続をすることが出来るのでしょうか?そのためにはどうすれば良いのでしょうか?今回、相続税や債務はどうなるのかをまとめました。
【長男が全て遺産相続をしていた】戦前の相続法について

【長男が全て遺産相続をしていた】戦前の相続法について

「相続法」はとても古くからあります。さらに古いのが「家督相続制度」と呼ばれる制度です。その時代には、長男が全ての資産を相続することが一般的となっています。今回、戦前の相続法とは、相続税はどうなのかについてまとめました。
【未成年がいる場合の遺産相続】特別代理人について紹介

【未成年がいる場合の遺産相続】特別代理人について紹介

未成年者がいる場合の遺産相続に関してですが、未成年者は遺産分割協議に参加することが出来ません。その場合は、「特別代理人」を立てることになります。そこで今回、特別代理人について報酬や職務期間などまとめてみました。
【遺産相続で銀行預金が場合】相続法の改正について

【遺産相続で銀行預金が場合】相続法の改正について

遺産相続で銀行口座に預金があるということは全く珍しいことではありません。ですが、相続が始まってすぐには預金は下ろせなくなってしまいます。法律では認められていますが、銀行では認められていないという矛盾が起きています。そこで、法の改正が行われようとなっています。
【遺産相続に関わる所得税の立ち位置】二重課税の問題とは

【遺産相続に関わる所得税の立ち位置】二重課税の問題とは

遺産相続において「所得税」はどうなるのでしょうか?まずは、被相続人が支払わなければいけない所得税に関して、相続人が支払う所得税があるのかについて。そして、相続税との二重課税について考えたいと思います。
【遺産相続を他人にする場合】対抗要件に注意が必要!

【遺産相続を他人にする場合】対抗要件に注意が必要!

遺産相続の際に他人へ遺産相続をさせたいと考える方も多いのではないでしょうか?そういった時に考えておきたいのが「対抗要件」についてです。対抗要件とは何でしょうか?他人に相続させるために行うこととは?まとめました。
【遺言書での生命保険の受取人】指定した場合と特別受益とは

【遺言書での生命保険の受取人】指定した場合と特別受益とは

遺言書によって生命保険の受取人を指定した場合は、その効力は認められることになっています。ですが、相続資産に占める割合が大きい場合の生命保険は、受取人だけが利益を得てしまいます。そういった時はどうなるのでしょうか?
【遺産相続の権利】甥はどういった場合に発生するのか?

【遺産相続の権利】甥はどういった場合に発生するのか?

遺産相続の権利はどこまでが認められるのか、これは相続をされる方は知っておかなければいけない大事なことです。では、甥に当たる方にも相続権はあるのでしょうあ?その割合とは?その辺についてまとめてみました。
【遺言書添削サービス】その内容や費用について知っておこう

【遺言書添削サービス】その内容や費用について知っておこう

遺言書の作成はなかなか大変なものですね。そんな時に利用を考えたいのが遺言書の添削サービスです。遺言書の記述に不安な方にオススメです。遺言書の添削サービスの内容や費用に関して、さらには遺言書作成キットについてまとめてみました。
【離婚した子にも相続権はある】遺産相続はどうなるの?

【離婚した子にも相続権はある】遺産相続はどうなるの?

離婚した子に相続権があるのかどうか、この疑問は多くの方が抱くと思います。結論からい言うと、相続権はあります。では、相続する資産の割合とはどうなっているのでしょうか?遺産相続の際にトラブルにならないようにするには?
【終活】ビデオレターは「遺言書」としての効果がない!

【終活】ビデオレターは「遺言書」としての効果がない!

ビデオレターを遺言とすることは出来るのかというと、それは民法で認められていません。自筆遺言書の場合は、決められた方式で作成しなければ有効にならないためです。ですが、思いを伝える手段としてはとても良いことです。
【遺産相続】胎児にも相続権利がある!遺産分割と相続税は?

【遺産相続】胎児にも相続権利がある!遺産分割と相続税は?

遺産相続を行う際に、胎児も相続の権利があるのかどうか、胎児を抱える配偶者の方であれば心配なことですよね。結論をいうと、胎児にも相続の権利があります。その際の遺産分割協議はどうすれば良いのでしょうか?相続税は?
遺産相続で株がある時【上場と非上場で違う】名義変更と評価

遺産相続で株がある時【上場と非上場で違う】名義変更と評価

遺産相続をした時に株式があるとどうなるのでしょうか。株式は、上場株と非上場株で名義変更の仕方も評価の仕方も変わってきます。その方法とはどうなっているのでしょうか?株を相続される方は知っておいた方が良いですよ。
50 件